試験について

【管理栄養士国家試験】合格する勉強方法!【その2】

コン
こないだ僕の勉強方法を紹介したけど、君もあんな感じで勉強したの?
う~ん、大筋は同じだけど、細かい部分をみるとやっぱり違うね
ほんいつ
コン
じゃあ今度はそれを教えてよ。いろんな情報を知りたいから
確かに。人の勉強方法って気になるよね。参考になるし!
ほんいつ

全員合格可能な管理栄養士国家試験

こんの勉強方法でもまったく同じ項目を設けました。
重要なことなのでもう一度いいます。

管理栄養士国家試験は、合格点を取ることさえできれば全員合格も可能な試験です。

上位〇〇人に入らなければいけない、といったような目標のはっきりしない試験ではありません。
6割正解すれば合格できる、という明確な目標を作ることのできる試験です。

地図なしで知らないところへ行くよりも、地図を見ながら知っているところへ行くほうが間違いないですよね?

点数がわかっているということは、そのくらい有利な試験であるといえると思います。

現役の方、社会人の方、誰でも、受験者全員合格が可能です。

なぜこんなにしつこく「全員合格」を叫ぶのかというと…

全員合格できる! と思っていると、それが自信・安心感につながるからです。

合格者の数が決まっていると、落ちているかも、受からないかも、という不安はつきものです。
勉強してもしてもし足りないような気持ちになることもあるかもしれません。

けれど、全員合格の試験では、勉強すればするだけ、合格に確実に近づきます
それってすごくないですか?

あとどれくらい勉強すればいいのか、今どの位置にいるのか、それがはっきりわかるんです!

ぜひ、プラス思考で、全員合格できるから、自分も合格できる! と思いながら勉強してみてください。

コン
確かに、ポジティブな気持ちで勉強する方が身につく気がする
そうだね。だめかも、と思うとホントにだめな方向へ行っちゃったりする。気の持ちようって言うけど、結構そのとおりだよね
ほんいつ
コン
試験勉強は長期間に及ぶもの。ポジティブをずっと保つのは難しいけれど、落ち込んだときには「全員合格」を思い出して、復活しよう!

合格するまでの流れ

こんの場合と同じく、試験勉強を始めたところから合格までの道のりを紹介したいと思います。

私は栄養士課程を卒業して委託会社に勤めていました。
一人暮らしで通勤は車で1時間ほどでした。

当時は、見込み受験が可能だったので、働き始めて3年目に受験しました。
試験日も3月半ばで、合格発表は5月でした。
1ヶ月半もどきどきしてると疲れます・・・。

最初は○○点

勉強しようと思い立ったのは、試験の約1年前の4月です。
仕事が忙しく、一人暮らしで家のこともしなくてはならない状況だったので、
毎日勉強する時間なんてとれない、早めに始めてこつこつ進めよう、と思ったわけです。

「仕事をやめて管理栄養士国家試験に備えた」なんていう話を聞いてびびったりもしていました。

腕試しに終わったばかりの試験を解いてみると、110点でした。

なんだ、余裕じゃん! と思ったのがすべての間違いでした・・・。

試験までの過ごし方

自分の受験年度に対応したクエスチョンバンクが発売されるとすぐに購入しました。
私は暗記が得意だったので、単語カードを作って覚えようとしました。

クエスチョンバンクを最初から読んで、大事そうなところを単語帳に移していく作業をひたすらやっていました。
多くて1日1時間。
やらない日がほとんどで、10月になっても人体をやってるような始末。
おまけに、やったところも全然覚えてないという最悪の状態でした。

そんな中、ドラクエXを始めてしまい、勉強そっちのけで毎日ゲームをやる生活になっていました。

頭の隅になんとなく、
「110点とれてるからいいだろう」
という思いがありました。
なめてました。

そして年が明けて1月も終わりに近づいた頃、「模試を受けようかな」と思い立ち、RDC模試を申し込みました。
これが運命の出会いでした!!

2月頭に届いた模試を解いて愕然としました。
中途半端とはいえ、単語帳を作っていたので点数が上がっているかと思いきや、
110点のまま!
あの時間はいったいなんだったのか!?
だったら最初からドラクエやってりゃよかったじゃん!

3回分まとめて届いたので、連日模試に挑戦しましたが、見事にすべて110点でした。
他の模試も受けましたが、そちらも3回分すべて110点でした。

さすがにやばい

と思い、そこからひたすら勉強しました。
主に「過去問の選択肢を正しい文章に直す」ということを繰り返しました。
1ヶ月半、1日4時間くらい勉強していました。

間違いなく、人生で一番勉強していました。

結果は・・・

なんとか、自己採点160点で合格しました。
しかし、あまりに勉強してこなかったので、自信がもてず、5月の発表まで毎日どきどきしながら過ごしていました。

合格しているのを見たときには、喜びというより脱力しました。

1回で合格できたのは、間違いなく以下で紹介する参考書のおかげです。

合格した勉強方法

では、具体的に合格した勉強方法を紹介したいと思います。
私の合格に重要だったのは勉強方法より、参考書だったと思いますので、そちらを重点的に紹介していきます。

これが一押し参考書

RDCから出ている国試の麗人です。
これ一本で合格しました。

RDCの模試を受けたとき、模試の解答冊子の作りにめちゃくちゃ感動したんです。
というのも、
RDC模試
こんな感じで問題文・選択肢のすぐ下に解答正文が載っているんです。
それ以外の参考書的解説は載っていないんです。

ものすごく見やすい!!

RDCから出ている過去問集「国試の麗人」もこんな作りなんじゃないかと思って注文したら当たりでした。
(参考書の活用方法に写真があります)

試を2回分申し込むともらえる国試の達人にはひたすら過去問の選択肢の正文が載っています。
私は、時間がなさすぎて国試の達人はほとんど使えませんでした。
有効活用したかった・・・。

国試の麗人は問題数が多いわけではないんですが、とにかく解答が見やすいところがポイントです。
他の過去問集だと解説が別冊子になっていたり、解説が長かったりして頭にすっと入らないものが多かったので。
また、サイズがA5サイズで小さいのもいい!
赤シートで隠せば正解がわからなくなる親切設計なのもgood!

私のために作ったのか?と思うくらいツボにはまった問題集でした。

というわけで、クエスチョンバンクはお蔵入りしました。
参考書メインで勉強できる方や、理解してから覚えるタイプの方にはいいと思います。

でも、私のように勉強方法がわからない人って、参考書の使い方もよくわからない人だと思うんです。
参考書を読んでも、「で?」って感じで。
問題読む→色々考える→正解見る→覚える
この流れだと覚えやすいって人にはかなりおすすめです。

国試の麗人は過去問と解答の読みやすさは抜群なのですが、参考書部分は弱いです。
わからない単語や内容を理解したい、という方はクエスチョンバンクなどの参考書を利用するほうがいいかもしれません。

私は理解より暗記優先だったので、RDCがぴったりでした。

女子栄養大学の受験必修過去問集も似たような作りです。
問題文、解答・正文が同じページにあって、解答・正文はシートで隠せます。
さらに、解答の下には解説が載っています。

国試の麗人と違って本屋においてあるので、気になる方は見てみてください。

参考書の活用方法

【1周目】
問題を解きつつ解答の正文を読んで、わからなかったところにはマーカーを引く。

【2周目】
問題文を読んで、すべての選択肢を正文に直す
間違えたところは付箋で目印をつける。

【3周目】
2周目の繰り返し。付箋がついていないところも正文に直す
付箋部分が正解したら付箋を剥がす。

これを4周目、5周目・・・と繰り返しました。
付箋は、単に苦手なところの目印です。
必ずすべての選択肢を正文に直します
「こんなん絶対わかるわ」って選択肢も直します。

なので、覚えているものはさらに記憶に残り、覚えていないものもいずれ覚えるようになります。

正文に直すのは、頭の中でOKです。
いちいち書いている時間がもったいないので。

また、ただ正文に直すだけでなく、問題文中の単語についての解説もできるようにしていました。

例えば、↓の問題だと、正文以外に
国試の麗人
①赤血球のヘモグロビンは、銅を含む。
→銅はセルロプラスミンとくっついて運ばれる
②末梢血中の赤血球には、1個の核がある。
→核がないから、赤血球は乳酸を作る嫌気的解糖でATPを作る
③老朽化した赤血球は、脾臓で破壊される
→脾臓で破壊された赤血球から間接ビリルビンができる
→間接ビリルビンは肝臓で処理されて直接ビリルビンになる
→胆汁の成分となる
→どちらが多いかにより症状や疾病が変わる
④赤血球の寿命は、末梢血中で約30日である。
→血小板は7日のいのち
⑤赤血球の産生は、トロンボポエチンによって刺激される。
→トロンボポエチンは血小板を集めるやつ

こんな感じで問題文に入っている単語について知ってることを文章にして思い浮かべてました。
その都度全部思い出してたら終わらないので、ぱっと思いつくことだけですが。
マジカルバナナ的な感じで、連想していく感じです。

この連想ゲーム(?)が結構楽しかったです。
意外と覚えます。
私の場合はこの説明部分も国試の麗人から仕込んでいましたが、時間のある方は参考書で仕込むほうがしっかりした内容で覚えられるし、理解も深まるかと思います。

あとは、覚えたあとに参考書を読んでも、内容を理解しやすいんじゃないかなと思います。

模試も同じように解いてました。
ちなみに、最初は110点だった模試も2週目は160点近く取れるようになりました。
私は、模試だけでなく国試の麗人も、最終的にはすべて正解し、すべて正文を言えることを目指して勉強していました。

目指すのは正解することじゃなく、解説できることです!!

これでいろんな問題・選択肢に対応できるようになりますよ!

模試ってどうなの?

模試を受けるか受けないか、悩みますよね。

模試を受けるのにもお金や時間がかかるし。
模試をとき直すのにも時間がかかるし。
そもそも模試ってなんか意味あるの?

といった疑問、出てきますよね。

私の場合は国試の麗人に出会うきっかけになったので、受けてよかったです。
RDC以外ではかんもしを受けました。
かんもしの解答冊子は、1ページに1問で、答えだけでなく問題も一緒に載っているタイプで見やすかったです。
大きい(確かA4サイズ)のと、1ページ一問というのがRDCと違うところでした。

受けたのがすべて2月だったこともあり、自宅受験でした。
そうでなくても、私は面倒くさがりなので自宅受験しかしなかっただろうなと思います。
本番の雰囲気を感じるには会場受験がいい・・・のかな?

マークシートはやらずにどちらも解答冊子で解いて答え見て、解いて答え見てを繰り返して受験としました。

RDCもかんもしも、実際の試験よりも難しいなと思った印象があります。
過去問に載っていないような問題も多々あるので、知識を広げたい方
過去問をやり尽くした方などは受けるといいんじゃないでしょうか。

模試は各社が過去問をもとに考えて作った模擬試験です。
やっぱりベースになるのは過去問なんです。

模試を何度も解き直すより、過去問を解きましょう!
模試の結果が悪くても落ち込まないで頑張りましょう!

模試は結果を見るための試験ではなく、自分の勉強の成果を見るための試験です。
得意な科目、苦手な科目を見つけて、本番への勉強に活かせるようにしましょう。

軽い気持ちで受けることをおすすめします。

まとめ

自分の勉強スタイルに合った参考書を見つけることがやはり重要です。
今回紹介したのは私に合っていた参考書と、その活用法です。
誰にでも合うとは言えません
実際、こんにはまったく合いませんでした。

参考書については本当に好みの問題なので、本屋を覗いてみたり、友達と見せあったりしていい参考書を探してみてください。

勉強法として重要なのは、

管理栄養士勉強法

過去問をとにかく解く!

正解を言えるようになるだけじゃなく、解説できるようにする!

これです。
どんな参考書・方法でもこれを目指せば合格できます。
あなたに合ったやり方で、これを実践してみてください。

きっと、管理栄養士になれるはずです!

みんなに合った参考書が見つかりますように・・・
ほんいつ

-試験について
-

Copyright© 管理栄養士²の事情 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.