臨床栄養

【管理栄養士】ナトリウムと血圧の関係【2015-137】

ナトリウム制限による血圧降下の機序に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

コン
ナトリウムを制限すると血圧にいいってのは今じゃ栄養士じゃなくても知ってる人が多いよね
テレビや雑誌でいろいろな情報が見られるからね
ほんいつ
コン
でも、なんでナトリウムを制限するのかってことには結構無関心だったかも
それを知ってこそ栄養士! しっかり答えられるようにしよう
ほんいつ

この問題では、なぜナトリウムを制限すると血圧が下がるのかを聞いています。
機序とは仕組みや流れのことです。

ナトリウムによる血圧上昇

まずは、ナトリウム摂取による血圧上昇について理解しましょう。

血漿浸透圧が上昇

ナトリウムは、体内では細胞外液に存在します。
細胞外液とは、血漿と組織間液です。
血漿というのは血液の中のさらさらした液体部分です。
ナトリウムが増えると、濃くなった細胞外液を薄めようと水分が細胞外液に集まります。

これを浸透圧といいます。
「血漿浸透圧が高い」ときは、血漿が濃くなっていて、血漿を薄めるため水分が集まります

浸透圧

コン
なるほどなるほど。まずは血漿が濃くなるのか
そして、濃くなった血漿を薄めようと水分が集まり…
ほんいつ
浸透圧

血流増加

ナトリウムをたくさんとって細胞外液に水分が集まると、組織間液と血漿が増加します。
組織間液が増加すると浮腫となります。
そして、血漿が増加するということは血管内を通る液体が増えるということです。

コン
血漿が増加した!
血管の太さや長さは変わらないのに流れる血液の量が増えたってことだ
ほんいつ

血圧とは

蛇口につながったホースを想像してみてください。
蛇口を少しだけひねった場合、水はちょろちょろと流れ出ます。
蛇口をたくさんひねると、水は勢いよく出てきます。
同じ太さのホースでも、流れる水の量が変わると勢いも変わります。

この勢い血圧です。

水圧と血圧

たくさん水が流れるホースのほうが、ホースに力が加わっている=圧力がかかっていますよね。
血管と血液も同じです!
血漿量が増えると血圧も増します。
血漿量が増えるということは、体をめぐる血液量が増えるということなので、
循環血液量が増えると言い換えることができます。

コン
ついに血圧が高くなった
ナトリウムを摂取しすぎると、こういう流れで血圧が上がってたんだね
ほんいつ
コン
分かってみると、そりゃ上がるよって感じだね
そして上がる原因、流れが分かれば下げ方もわかるってわけよ
ほんいつ
コン
なーるほど

まとめ

これで、「ナトリウムを摂る→循環血液量が増える→血圧が上昇する」という一連の流れを理解できました。

血圧低下の流れ

血圧上昇の流れをにしてみると、ナトリウム制限と血圧低下の流れになります。

ナトリウムと血圧低下

①ナトリウムを制限する

②循環血液量が減る

③血圧が低下する

ナトリウムを制限することで組織外液と内液の浸透圧が保たれ、組織外液に水分が集まることがなくなります。
すると血漿量が増えることもなくなり、循環血液量も増えずに血流、つまり血圧も保たれるということです。
よって、この問題の正解は①になります。

各選択肢解説

他の選択肢はどのような場合に起きるのか見ていきましょう。

②心拍出量が増加する。

心拍出量とは、心臓から送り出される血液量のことです。
心拍出量が増加しているということは血圧は上がっているので、この問題は誤りだとわかります。
心拍出量は送り出す血液自体が増加したとき、また心臓の収縮する力が増したときに増加します。
血液自体が増加する時というのは、ナトリウム摂取により循環血液量が増加したときです。
また、心臓が収縮する力が増加するのは交感神経が亢進した時です。
交感神経は体が活発に動く時に働きます。

体をしっかり動かせるように、全身に血液を送るため交感神経が亢進すると心臓はたくさん動きます。

③末梢血管抵抗が増加する。

末梢血管とは腕や足の血管のことをいいます。
血管の抵抗が増加しているということは血液が通りにくくなっていて、
血管を通るのに勢いが必要になっているため血圧は上昇しています。
よって、この問題も誤りということがわかります。
末梢血管抵抗は血管の弾力が低下すると増加します。
またホースを考えてみてください。

弾力と血圧

買ったばかりのホースは柔らかいのでたくさん水を流すと若干膨らみます。
ホースが広がることで水が流れやすくなります。
しかし、何年も使い続けて固くなったホースにたくさん水を流すと、ホースに亀裂が入ってしまったりします。
ホースには弾力がないので広がらず、水は流れにくいです。
この水の流れにくさ=抵抗です。
抵抗があればあるほど血圧は上昇します。
血管の弾力が低下する大きな原因は動脈硬化です。
その名の通り動脈が硬くなっていきます。

④交感神経が活性化する。

②で説明した通りです。
交感神経が活性化すると、体は血液を全身に送り出そうとします。
そのために心臓の収縮力を上げ、血管を収縮させます。
これも、血圧を上昇させるはたらきです。

コン
交感神経の活性化や心臓の収縮で血圧があがるんだ
運動した時とかも上がるよ
ほんいつ
コン
あっ、確かに心臓がどきどきするね!

⑤血液浸透圧が高まる。

最初に説明した通りです。
血液の浸透圧が高まると、血液に水分が集まります。
すると、循環血液量が増加し、血圧が上昇します。

まとめ

Naと血圧の関係

①ナトリウムは細胞外液にある

②ナトリウムが集まると水分も集まる

③水分が集まると血流が増す

④血流が増すということは血圧が上昇する

逆に考えると血圧は低下する!

ほんいつ
ナトリウムが関係しているかどうかわからなくても、選択肢が血圧を下げるはたらきなのかどうか考えることで答えがわかるよ
どういうこと?
コン
ほんいつ
血圧というのは血管を血液が流れる勢い、圧力のことでしょ
うん
コン
ほんいつ
答えがわからないときは、例えば心拍出量が増加するとはどういうことか考えてみればいいんだよ
うーんと、心拍出量が増加→心臓めちゃくちゃ動いてる→血液めちゃくちゃ流れてる→血圧上がるってことじゃん!ホントだ‼︎
コン
ほんいつ
ね!実際に想像してみることで、選択肢の内容がわかったりしますよ!
そのためにも機序を理解することは重要だね
コン
動画は動画でわかりやすい!
コン

-臨床栄養
-, ,

Copyright© 管理栄養士²の事情 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.