人体

【管理栄養士²】ネフローゼ症候群【解説】

コン
腎臓っていろんな病気があって難しい~
それだけ大事な臓器ということだね
ほんいつ
コン
確かに、そういうことか
今日はその中でもネフローゼ症候群について、解説していくよ!
ほんいつ
コン
お願いしまーす!

ネフローゼ症候群とは

ネフローゼ症候群は糸球体疾患のひとつで、たんぱく質が体外に排泄されることで
蛋白尿低アルブミン血症などがみられます。

たんぱく質は通常糸球体で濾過されませんが、様々な原因により、
一部のたんぱく質が糸球体をすり抜けて尿中に排泄されることがあります。

糸球体濾過の様子

ほんいつ
糸球体の濾過機能が正常に働かないということだね

たんぱく質が濾過されてしまうため、尿にはたんぱく質が増えて蛋白尿がみられます。
逆に、血中のたんぱく質は減ってしまうので、低アルブミン血症がみられます。

コン
なるほどね~。たんぱく質が尿に排泄されるから低アルブミン血症、というのはわかりやすいね

蛋白尿・低アルブミン血症により浮腫脂質異常症を引き起こすこともあります。

ネフローゼ症候群では
尿たんぱく3.5g/日以上が持続する蛋白尿と、
血清アルブミン値3.0g/dl以下の低アルブミン血症
が診断基準となっています。

蛋白尿と低アルブミン血症は診断の必須条件となっています。
これらの必須条件に加え、浮腫と脂質異常症もネフローゼ症候群の重要な所見になります。

重要所見①浮腫

ほんいつ
簡単に、ざっくり血漿膠質浸透圧について解説するよ~
浮腫は血漿膠質浸透圧減少により血管の外に水が出ていくことで起こります。
血漿膠質浸透圧とは、簡単にいうと血中のたんぱく質による浸透圧のことです。
浸透圧とは、濃度の低い方から高い方へ水分が移動する圧力のことです。
言い換えると、濃度を同じにしようとする力のことです。

血症膠質浸透圧①

血症膠質浸透圧②

血症膠質浸透圧③

ほんいつ
ほら、切ったキュウリに塩を振ると、水分が出てくるでしょ? あれも浸透圧だよ。塩が濃いから、塩のついたところを薄めようとキュウリの水分が出てくるんだ
あ~、なるほど!
コン
ほんいつ
血漿膠質浸透圧は、血中のたんぱく質が塩の役目をして水分を血中に引き留めているんだね
血漿膠質浸透圧が下がるということは、血中のアルブミン濃度が低下したということです。
水分は濃度の低い方から高い方へ移動するので、血中の水分が血管外へ移動し、浮腫を生じます。
ほんいつ
私も足がよくむくむんだけど、病的な浮腫は、日常的なむくみとは全然別もの。見た感じで、普通の状態ではないとわかるよ。押した感触も高反発の枕みたいな感じ。ゆっくり指が沈んで、離すとやはりゆっくりへこみが戻っていくよ。足や手の甲なんかは水風船みたいにパンパンになったりするね
水風船!? 怖くて触れない…
コン

重要所見②脂質異常症

コン
なんで濾過機能の低下で脂質異常症になるの??
脂質異常症は、低アルブミン血症をなんとかしようとした肝臓がアルブミンを作り、
一緒にリポたんぱくも作ってしまうことで起こります。
ほんいつ
なんで一緒に作っちゃうの~…
リポたんぱくは、コレステロールを含む蛋白ですので、
ここからLDLコレステロールが増加し、脂質異常症につながります。
コン
これは、知らないと分からないやつだね
アルブミンとコレステロールの関係が分かってよかったね
ほんいつ

一次性、二次性ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群は、糸球体に何らかの問題があることで蛋白尿などの症状を呈しますが、
原因により一次性と二次性に分けられます。

これといった原因疾患がない場合は一次性、

糖尿病性腎症やループス腎炎などの疾患が原因で
糸球体がきちんとはたらかなくなった場合は二次性となります。

ほんいつ
「二次」には副次的な、という意味があるよ。つまり、何かにくっついているもの、ということ。何かの病気が原因で、別の病気が引き起こされるとき、二次性〇〇といった感じでよく使われるよ

ネフローゼ症候群の治療

ネフローゼ症候群は、ステロイドなどによる薬物治療が有効です。
また、浮腫がみられるため、塩分制限も必要な場合があります。

食事内容は、
1日のたんぱく質摂取量が体重1kgに対し0.8g(0.8g/kg体重/日)、
エネルギー摂取量が体重1kgに対し35kcal(35kcal/kg体重/日)
とすることが推奨されています。

脂質異常症がある場合は、脂質も制限が必要な場合があります。

コン
結構いろいろ制限しなきゃいけないんだね

微小変化型ネフローゼ症候群の場合は、たんぱく質摂取量が少し増え
体重1kgあたり1.0g~1.1g(1.0~1.1g/kg体重/日)が良いとされています。

微小変化型ネフローゼ症候群とは、糸球体の変化があまりないのに、
たんぱく質が糸球体を通り抜けてしまうものをいいます。
小児や若年者に多く、急激に発症します。

ほんいつ
1週間で5kg増、数日で蛋白尿が出る、など短期間で症状が出るよ
ステロイド治療が効果的です。

おまけ~クレアチン代謝について

糸球体濾過量の指標としてクレアチニン・クリアランスがよく用いられます。

クレアチニンは糸球体で濾過され、その後ほとんど再吸収されずに尿中に排泄されます。
そのため、クレアチニンの排泄量と血清クレアチニンから
糸球体の濾過能力を知ることができます。

コン
なるほど。出てくるはずのものが出てこなかったら要注意!だもんね
腎機能が低下するとクレアチニンの排泄量も少なくなり、
反対に血清クレアチニン値が高くなります。
コン
そもそも、クレアチニンってなんなの? 聞いたことある気もするけど…
クレアチニンは、クレアチンが代謝されることでできます。
コン
名前が似ててこんがらがる~
クレアチンは、肝臓でアミノ酸をもとに作られます。
クレアチンは、体が休んでいるときに筋肉中でクレアチンキナーゼにより
クレアチンリン酸に合成されます。

クレアチンリン酸を作るにはATP(エネルギー)を1分子使うので、
ATPがたくさんある休息時に作られるというわけです。

クレアチンリン酸はエネルギーの保管庫のような役割を持っていて、
運動していてATPが足りなくなってきたときに、ADPとくっつくことで
ATPを生み出します。

このことから、運動をする人の間でクレアチンのサプリメントなどが人気となっています。

コン
あ~、サプリメントで聞いたことあったんだ~
(さっき言ってたのはクレアチンじゃなくてクレアチニンだよ…)
ほんいつ
クレアチンリン酸とADPがくっついたとき、ATPと一緒にクレアチンが生じます。

このクレアチンは再利用されてクレアチンリン酸になることもあります。
クレアチンから水分が抜かれるとクレアチニンになります。

コン
こうしてクレアチニンができるわけね
おまけコーナーでした!
ほんいつ

-人体
-

Copyright© 管理栄養士²の事情 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.