臨床栄養

【管理栄養士²】糖尿病性ケトアシドーシス【解説】

ほんいつ
かつては結核が国民病と言われていたけど、今の日本で国民病と言われているのはなんだと思う?
なんだろ?? 花粉症かな?
コン
ほんいつ
花粉症や腰痛もそうなんだけど、糖尿病も今、国民病と言われているよ
糖尿病か! 確かにそうかも
コン
ほんいつ
透析導入の原因1位も糖尿病だしね。今日は糖尿病の機序と、糖尿病で見られる症状について解説するよ

糖尿病ってなに?

ほんいつ
まずは糖尿病とは何がどうなって起きるのか、それを説明していくよ
わかりやすくね!
コン

インスリンのはたらき

糖類を食べると血中のグルコース濃度が上昇します。
これが血糖値の上昇です。
するとインスリンの分泌促進されます。
インスリンは、グルコースを筋肉や肝臓、また脂肪の細胞内へ取り込み、血糖値は正常値へ戻ります。

このように、血糖を維持するのがインスリンの主なはたらきですが、
インスリンはほかにも肝臓でのグリコーゲン合成促進脂肪とたんぱく質合成作用、さらに成長促進作用を持ちます。

コン
食べ物を食べるとインスリンが分泌されて血糖が維持されるんだね
糖の取り込みはインスリンだけで行うわけではないよ。次を見ていこう
ほんいつ

糖の取り込み~GLUT2、GLUT4

糖が細胞内に取り込まれる際にはGLUT2GLUT4という輸送担体がはたらきます。
簡単に言うと、細胞にある扉のようなものです。

GLUT2は膵臓β細胞肝細胞に存在する輸送担体です。
これらは、インスリンが出ていてもいなくても関係なくはたらいて糖を細胞に取り入れます。

GLUT4は筋細胞、脂肪細胞に存在し、インスリンの作用によりはたらくことができます。

輸送担体を含めたインスリン分泌から糖の取り込みまでの流れは、
①血糖上昇
②GLUT2を通って糖が取り込まれる
③インスリンが分泌される
④インスリンの作用でGLUT4がはたらき、筋細胞や脂肪細胞にも糖が取り込まれる
といった感じです。

コン
へえ~っ、インスリンだけじゃなくて、GLUT2やGLUT4が絡んでるんだ
そうそう。インスリンと糖の取り込みについてわかったところで、今度は糖尿病の種類について解説するよ
ほんいつ

糖尿病

このインスリンがきちんと働かなくなるのが糖尿病です。
糖尿病にはⅠ型Ⅱ型があります。

Ⅰ型糖尿病

Ⅰ型はインスリンを分泌する膵臓のβ細胞自己消化によって壊れてしまい、
その結果インスリンを分泌できなくなる糖尿病です。

糖尿病の5%がⅠ型といわれています。
こちらは、インスリン注射による治療が必須です。

コン
インスリンが出ないからインスリンを薬で補充するんだね
そういうこと
ほんいつ

Ⅱ型糖尿病

Ⅱ型は生活習慣が大きくかかわっています。
インスリンがたくさん必要になるような生活を続けていると、インスリンが出にくくなったり効きにくくなったりします。
それが原因となるのがⅡ型糖尿病です。

運動療法食事療法の効果が出るのがⅡ型です。
運動や食事によってインスリンの効きを良くしたり出やすくしたりするというわけです。
もちろん、症状によってはインスリン注射や服薬が必要となります。

ほんいつ
運動はインスリン抵抗性を改善させて、インスリンが効きやすいようになるんだ
で、食事ではバランス良く栄養素を摂取して、糖質を調整していくわけか
コン

糖尿病性ケトアシドーシス

糖尿病性ケトアシドーシスとは

Ⅰ型糖尿病にみられる状態としてよく上げられるのが糖尿病性ケトアシドーシスです。
アシドーシスとは、体がアシッド、酸性に傾いた状態をいいます。
ケトはケトン体のことで、グルコースが足りないときに代わりのものとして脂肪酸をもとに肝臓で作られるものです。

脳は、グルコース以外ではケトン体しかエネルギー源として利用できないので、飢餓状態ではケトン体がないと大変なことになります。

しかし、ケトン体は酸なので、たくさん作られすぎると体が酸性になってしまいます。
つまり、糖尿病性ケトアシドーシスという言葉を分解すると糖尿病のせいでケトン体が増えて体が酸性になってしまった、ということです。

コン
言葉の意味が分かると、覚えやすいね
では、次はその原因を見ていこう
ほんいつ

糖尿病性ケトアシドーシスの原因①

Ⅰ型糖尿病患者でインスリン注射を中断したり、尿路感染症心筋梗塞膵炎などといった疾病に罹った場合に起こりえます。
Ⅱ型糖尿病患者では糖尿病性ケトアシドーシスになる頻度は少ないといえます。

インスリン注射の中断によりインスリンが足りない、
疾病によるストレスで普通のインスリン量では足りない場合に、
細胞内のグルコースが足りなくなりケトン体が生成されます。

ケトン体がたくさん生成されることで体は酸性に傾きます。

コン
ふむふむ。ケトン体が増える原因はわかったけど・・・
これだけじゃないんだ、糖尿病性ケトアシドーシスでは脱水も併発しているよ
ほんいつ

糖尿病性ケトアシドーシスの原因②

また、筋肉ではたんぱくを分解して肝臓で糖新生を行ったり、肝臓のグリコーゲンを分解したりしてグルコースをたくさん作ります。

コン
血糖維持に肝臓が重要なんだ!

作られたグルコースは血中に放出されますがインスリンがたりないため、
細胞内にグルコースをとりこめずいつまでたってもグルコースが血中にいることになります。

それでも細胞にグルコースが入らないため、どんどんグルコースが作られ、血糖は上昇していきます。

血糖が上昇すると血漿の浸透圧が上昇します。
浸透圧を一定に保とうと、血中に水分が運ばれ、細胞では脱水が起こります。

コン
そうか、細胞にグルコースが入らないから血中にもないと思うんだね
体ってすごいよね・・・
ほんいつ

まとめ

このように、ケトン体の増加による酸性状態と、高血糖による脱水がおこるのが糖尿病性ケトアシドーシスです。

高浸透圧性非ケトン性昏睡

Ⅱ型糖尿病でも似たような状態になることがあります。
高浸透圧性非ケトン性昏睡(高血糖性高浸透圧性昏睡)です。

ほんいつ
これも名前で大体わかるね。高浸透圧のせいでなるけど、ケトン体のせいではない昏睡だよ
ケトン体をポイントにすれば、Ⅰ型とⅡ型どちらで起こりやすいかもわかるね
コン

高浸透圧性非ケトン性昏睡のリスク要因

Ⅱ型糖尿病患者の中でも特に高齢者に起こりやすいです。

糖尿病性ケトアシドーシスと同じように高血糖による血漿浸透圧の上昇により脱水が引き起こされます。
この脱水が中枢神経の細胞で起こることで、昏睡に至ります。

死亡率は推定で20%といわれ、糖尿病性ケトアシドーシスの1%に比べ高くなっています。

Ⅰ型と違って微量ながらインスリンははたらいているためケトン体がたくさん生成されることは少なく、ケトアシドーシスになることはほとんどありません。

コン
ふ~ん、Ⅱ型だとケトン体はできにくいの?
そうともいえないよ。次に紹介するソフトドリンクケトーシスはⅡ型糖尿病に多く、ケトン体が生成されて起こるものだから
ほんいつ

ソフトドリンクケトーシス

2型糖尿病患者でもケトン体が体内で増えることがあります。
ソフトドリンクケトーシスといわれる状態です。

ケトーシスとはケトン体が多い状態で、進行するとケトアシドーシスとなります。

ソフトドリンクケトーシスは、ジュースなどの清涼飲料水を多く飲むことで起きます。
高齢者よりも若年者に起こりやすいといわれています。

糖が多く含まれるソフトドリンクを飲用することで高血糖・脱水状態になり、
それによる口渇をソフトドリンクでうるおそうとしてさらに高血糖になるという悪循環が原因です。

コン
これは恐ろしい・・・無意識にやってしまいそうだなあ
糖尿病の人は、食事だけでなく、口に入れるもの全部に注意が必要だね
ほんいつ

まとめ

糖尿病は現代の日本人と切っても切れない関係です。
アジア人は欧米人に比べインスリンの量が少なく、リスクが高いともいわれています。

糖尿病の合併症には糖尿病網膜症糖尿病腎症糖尿病神経障害があります。

中でも糖尿病性腎症は透析導入の原因疾患の第一位となっており、国の医療費に関しても重要な疾病となっています。

また、患者数の多いⅡ型糖尿病では食事療法運動療法が有効ということもあり、栄養士としても多く知識をもっていたい疾病でもあります。
国家試験を受ける方も受けない方も、ぜひ知識として頭に置いておいてください。

コン
確かに、糖尿病と言ったら食事療法、栄養士って感じ
そのイメージは間違ってないよ。それに応えられる栄養士になりたいね
ほんいつ

-臨床栄養
-

Copyright© 管理栄養士²の事情 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.