人体

【管理栄養士²】様々な貧血【解説】

コン
なんか、貧血っていろんな種類があるんだね
原因によって、名前が違うから、ちょっとややこしいね
ほんいつ
コン
特に悪性貧血ね・・・あいつはホントに厄介!
では、今回はそんな厄介な貧血の種類について、解説します
ほんいつ

貧血とは

貧血はその原因によってさまざまな種類があります。
貧血の定義は「血中ヘモグロビン濃度の低下」がみられることです。

ほんいつ
つまり、血中ヘモグロビン濃度が低下する原因によって呼び名が違うということだね
ふむふむ
コン
貧血の診断基準は年齢や性別によって違い
まとめると血中ヘモグロビン濃度が11~13g/dl未満で貧血とされています。

ヘモグロビンは酸素を運ぶ機能を持つ血色素で、赤血球の成分です。
ヘモグロビン濃度が低くなると、酸素が全身にいきわたりにくくなります。

貧血の症状には頭痛やめまい、倦怠感があります。
他に顔色不良や動悸、息切れなどもみられます。

鉄欠乏性貧血

ヘモグロビンには鉄が含まれます。
この鉄が少ないためにヘモグロビンを作れず、鉄欠乏性貧血となります。
貧血の中でも鉄欠乏性貧血は患者数が最も多く、そのほとんどが女性です。
重度の鉄欠乏性貧血では爪がへこむスプーンネイルという症状がみられることもあります。
スプーンネイル

ほんいつ
私も昔、貧血で献血できなかったことがあるよ
鉄欠乏性貧血は本当に身近だね
コン

溶血性貧血

溶血性貧血は、何らかの原因により、寿命前の赤血球が大量に破壊されることで起こる貧血です。
マラソンなどの激しい運動で物理的に赤血球が破壊されて起こることもあります。
溶血性貧血
間接ビリルビンの上昇黄疸がみられます。

また、溶血が起こるとハプトグロビンというたんぱく質がヘモグロビンを肝臓へ運ぶため、
血清ハプトグロビン値が低下します。

ほんいつ
ハプトグロビンはヘモグロビンを無毒化するよ
そのために消費されて減っちゃうのね
コン
特に血管内で溶血が起こるとハプトグロビンが不足してしまい、
運びきれなかったヘモグロビンが尿中へ排泄され、褐色のヘモグロビン尿がみられます。
ほんいつ
血管内以外では、ほとんど脾臓で破壊されるよ
赤血球が破壊されるからヘモグロビンが低下するというのはわかりやすいね
コン

腎性貧血

腎機能の低下による貧血を腎性貧血といいます。
腎臓ではエリスロポエチンというホルモンが作られます。

ほんいつ
ポエチンは「作る」という意味だよ。なんとかポエチンと出てきたら、何かを作るんだなと思おう
エリスロは「赤い」っていう意味らしいね。エリスロポエチンは、赤いものを作るってことか!
コン
ほんいつ
そのまんまだね。

エリスロポエチン
エリスロポエチンは造血ホルモンともいわれ、骨髄の赤芽球系前駆細胞にはたらきかけ、赤血球を増やします
腎臓の機能が低下するとエリスロポエチンの分泌も低下し、赤血球をたくさん作れなくなり、貧血になります。

巨赤芽球性貧血

ビタミンB12または葉酸が不足して起こる貧血を巨赤芽球性貧血といいます。
ビタミンB12と葉酸はDNA合成に必要なビタミンです。
不足すると赤芽球がきちんと赤血球になることができず、
赤芽球のまま、体だけ大きくなります。
巨赤芽球
これを巨赤芽球と呼びます。

コン
体は大人!中身は子供!その名も巨赤芽球!!
巨赤芽球のほとんどは骨髄中で死にますが、一部は大きい赤血球となります。
巨赤芽球が骨髄中で破壊されるため、間接ビリルビン値は上昇します。
赤血球だけでなく白血球や血小板も減少します。

悪性貧血

悪性貧血は、巨赤芽球性貧血の一種です。
胃で分泌されるキャッスル内因子は、ビタミンB12を吸収しやすくします。
キャッスル内因子が低下することでビタミンB12を吸収できない場合も巨赤芽球性貧血を引き起こします。
内因子の低下の原因には自己免疫性の胃粘膜萎縮胃全摘があります。

中でも自己免疫性の胃粘膜萎縮による巨赤芽球性貧血を、悪性貧血と呼んでいます。

コン
ややこしい~!!
胃全摘は悪性貧血に含まれないようなので注意しよう
ほんいつ

再生不良性貧血

再生不良性貧血では、造血幹細胞が傷ついたり、異常が起きたりして血液を作れなくなる貧血です。
赤血球だけでなく白血球や血小板も減少します。
そのため易感染性出血傾向がみられます。
先天性、化学物質や放射線、ウィルスなどが原因となります。

まとめ

貧血は、原因が様々ですが、意外と覚えやすい内容でもあります。
それぞれの特徴をしっかり覚えて、原因と結果の組み合わせを間違えないようにしましょう。

コン
う~ん、確かに意外と覚えやすいかも
思ったより頭に入ってるよね
ほんいつ

-人体

Copyright© 管理栄養士²の事情 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.