1分で分かる

【管理栄養士²】β酸化【1分で分かる】

ほんいつ
今回の1分シリーズはβ酸化!
β酸化がよくわからなかったら、まずはこれで大体のところを頭に入れよう!
コン

β酸化とは、脂肪酸からアセチルCoAをつくる反応で、ミトコンドリア内で進みます。

まず、貯蔵されている中性脂肪がリパーゼによりグリセロールと脂肪酸に分解されます。
さらに脂肪酸は酵素によってアシルCoAになります。
アシルCoAはカルニチンとくっついてアシルカルニチンになることでミトコンドリア内に入ってきます。

コン
こうしないとアシルCoAはミトコンドリアに入れないのね
ミトコンドリア内に入った後はまたバラバラになってカルニチンは外に出ていき、アシルCoAはβ酸化を受けます。
アシルCoA動き
ほんいつ
用なしになったカルニチンは外でまた別のアシルCoAを待つよ
けなげだねえ
コン
アシルCoAのβ位の炭素を酸化させてアシルCoAをアセチルCoAとアシルCoAに分けます。
ほんいつ
β位の炭素を酸化させるからβ酸化! わかりやすいね
アシルCoAは再びβ酸化を受け、アセチルCoAとアシルCoAができる、という反応を繰り返していきます。
β酸化図

できたアセチルCoAはクエン酸回路に入り、エネルギーが作られます。
また、β酸化ではエネルギーの素になるNADHやFADH₂も生み出されます。

コン
β酸化では脂肪酸をもとにエネルギーの素をつくるのね
もっと詳しく知りたい方はこちらへ!
ほんいつ

-1分で分かる

Copyright© 管理栄養士²の事情 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.